2006年10月 1日 (日)

もしも昨日が選べたら

G4 Cube、二日に一度しか立ち上がらないようになってしまいました。
今日は立ち上がりません。このブログは前に使っていたG3で書いてます。

というわけで、木曜から今日にかけて劇場で5本の映画を見たのになかなか追い付きませんが、順番に紹介していきます。


Click_jpnもしも昨日が選べたら('06米)
原題:CLICK
監督:フランク・コラチ
出演:A・サンドラー/K・ベッキンセール/クリストファー・ウォーケン
/デヴィッド・ハッセルホフ/H・ウィンクラー/ショーン・アスティン
劇場:U田 OS劇場('06.9.28) 鑑賞代金1400円
評価:★★★★★


ひょんなことから人生を自在にコントロールできるリモコンを手に入れた主人公が、次第にそのリモコンに振り回されていくさまを描くハートウォーミング・ファンタジー・コメディ。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラー、共演に「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセイル。監督は「ウェディング・シンガー」「80デイズ」のフランク・コラチ。
 建築士のマイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)は、美しい妻ドナと2人のかわいい子どもたちのためにと懸命に働く日々。いつしかそれは、仕事優先で大切な家族を顧みない生活となっていった。そんな時間に追われてばかりのマイケルは、煩わしいリモコン操作に嫌気がさし、どんな電化製品も一台で操れる“万能リモコン”を求めて街に出る。そして、怪しげな従業員モーティから、人生さえも早送りや巻き戻しできる不思議なリモコンを手に入れる。妻との口論を早送りしたり、犬の吠え声小さくしたりと、人生を思い通りに操作し始めるマイケルだったが…。
(allcinemaONLINE解説より)


完全に女性に媚びた邦題になってしまってますが、ソニーとしては日本以外で大ヒットを連発するアダム・サンドラー主演の映画をどうにかして日本でもヒットさせたいからなのでしょう。ちなみに本作も全米では興行収入1億3,000万ドルを超える大ヒットを記録しています。俺としては、とにかく全米の公開から3ヶ月という早さでこの映画が見れただけで満足だったのですが、見終わってあらためてこう思いました。


アダム・サンドラー万歳!!


監督フランク・コラチとの作品は『ウォーターボーイ』('98)『ウェディング・シンガー』('98)いずれも5つ★ですが、今回も文句なしの5つ★です。

内容、テーマはありがちで、最近の作品では『天使のくれた時間』('00米/主演:ニコラス・ケイジ/監督:ブレット・ラトナー)を思い出しましたが、そこはA・サンドラーの映画、随所に笑いがちりばめられていて、手にしたリモコンを使った笑いを中心に久々に館内で大笑いしてしまいました。父親(ヘンリー・ウィンクラー)とのくだり等、ちょっとジ〜ンとしてしまうところでもすぐに笑いを入れて湿っぽくなりません。
館内にお客さんはパラパラしかいませんでしたが、まずまず笑いが聞こえてました。見た人にはわかります、あの面白さが。ソニーは女性向けのタイトルにして集客を狙ったようですが、万人にうける内容だと思います。いや見て欲しい!!

その他出演者ではケイト・ベッキンセール。相変わらずのかわいさで、マイケル(A・サンドラー)はあんなことになってしまってほんとにバカです。クリストファー・ウォーケンもとぼけた演技がいい味出してます。恐い人の役が多いですが『タイムトラベラー/きのうから来た恋人』('99米)の優しいお父さん役や今回みたいなとぼけた感じの役もいいんですよね。H・ウィンクラー も『ウォーターボーイ』に続いてA・サンドラーとは相性がいいです。そして上司役のデヴィッド・ハッセルホフ。同じく笑わせてくれます。『ナイトライダー』の映画化(ほんとにやるのか?)も期待です。

Click_1Click_2


Click_3Click_4


あと、A・サンドラー映画には必ずと言っていいほど顔を出すロブ・シュナイダー。今回も出ていたみたいなんですが気付かなかった・・・ショック!! それも含めて次はDVDで見るか、もう一度劇場へ行くか・・・とにかく早くもう一度見たい!!

さて、今回物語の鍵となるリモコン。上の解説では”人生を自在にコントロールできるリモコン”とありますが、厳密には”自在”ではなく、人生を巻き戻せても見ることが出来るだけで”変える”ことは出来ません。タイムマシンではないのです。今回マイケルはそのリモコンを手にしたおかげで散々なことになります。しかし、なんだかんだで本当の幸せを見つけて最終的にはハッピーエンドとなりますが、実際の人生はそうは行きません。


”後悔先に立たず”


です。自分の人生「あの時ああしておけばよかった」、「こうしておけばよかった」そう思うことが多々ありますが時々そんなことを思い自分と重ね合わせながら見てしまいました。結局それも笑いで吹っ飛びますけどね。


↓K・ベッキンセールの写真は必要ない人気っぷりがうかがえる北米版ポスター
505047clickposters505133clickposters


人気blogランキングへ ←お願いします〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

ミステリー・ツアー

最近、クリップ1個からスタートして一戸建ての家を手に入れた人がわらしべ長者として話題になっていますが、アメリカは何にしてもやることがデカイ・・・家の前は映画出演だったとか。


ってことで今日は、雑誌であらすじ読んで気になって録画していたこの映画を鑑賞。

Club_dreadaミステリー・ツアー 吹替版('04米)
原題:CLUB DREAD
監督:ジェイ・チャンドラセカール
出演:ビル・パクストン/J・チャンドラセカール/ケヴィン・ヘファーナン
エリック・ストルハンスク/ポール・ソーター/スティーヴ・レミー
放送:CS316 スターチャンネルPlus('06.7.11録画)
評価:★★★

怪奇伝説の残る南の島を舞台にしたホラー・コメディ。ある日、若者たち一行はバカンスを楽しもうと、とあるリゾート・アイランドに降り立った。そこは海と太陽が降り注ぐ南の楽園で、美女と酒に溢れた夢のリゾート地。そして彼らがこのパラダイスを満喫する中、キャンプファイヤーを囲み島に伝わる怪奇伝説が語られる。するとその後、島で働く人間が一人ひとり消えていくのだった。さらに、何者かがボートを破壊してしまい、島は一転、監禁状態の孤島となる。こうして、島の人々は決死のサバイバルに奔走し始めるのだが…。
(allcinemaONLINEより)

しょーもない映画です。でも意外と楽しめます。
冒頭、ジャングルで裸になってバカ騒ぎする男1人と女2人が、次々とナタで殺されるシーン。音の効果もあって結構ドキッとしてしまい、「ホラーコメディにしちゃー恐いなー」なんて思ってたら・・・やっぱりコメディでした。
ホラーの部分としては、次々と島で働く人間が謎の殺人鬼に殺されるシーンは結構凝っていて恐かったし、ラストギリギリまで犯人が誰なのか分からないのもなかなかよく出来ていました。ただ、ねらっているのかどこかバカっぽい。
バカっぽくも結構真面目にやってると思っていたら、やっぱり最後は犯人が笑わせてくれます。ジェイソンばりに不死身になり、ナタで体を貫かれようが、体を真っ二つにされようが上半身だけでも襲ってくる(舞台は海です)・・・そいつを仕留めてエンディングを迎えるわけですが、ラストのシーン、喜ぶ主人公たちの後ろに下半身のみが足をパタパタさせながら迫っている・・・っていうバカバカしさ。この辺結構笑えました。

こんな作品にビル・パクストンもよく出演したなーなんて思ったら、案外先見の目があるのかもしれない。なんとこの作品の監督、翌年全米大ヒットした『デュークス・オブ・ハザード』(原題:THE DUKES OF HAZZARD)を撮っている監督さんでした。日本ではビデオスルーですが、DVDは買ってあるので近いうち見る予定です。

そういえば『ビバリーヒルズ青春白書』('93〜'00米TV)でスティーブの奥さんになったジャネット役のリンゼイ・プライスも出てます。この女優さん全然変わらんな〜。

人気blogランキングへ


最後に、昨日はモーの店には寄らなかったけど昼間はHWで説明会受けて、夜は久々に日本のゴールデンタイムのドラマ『59番目のプロポーズ』を鑑賞。結構面白くて、ちょっとジ〜ンとしてしまった。最近本屋行くと原作本がやたらと平積みされてますね。それにしても突出して藤原紀香が良かったです。
033

あ! 裏番組『名探偵モンク』もしっかり録画して見ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

怒濤の映画三連発!!

こうなったら見れるうちに見まくる!! 今日は怒濤の三連発!!!


まず一本目はこれ。

10004335287_s_1難波金融伝 ミナミの帝王/野良犬の記憶('05 OV)
監督:萩庭貞明
出演:竹内力、岩崎ひろみ、桐谷健太、天田益男、ゆうき哲也、
山村紅葉、桑原和男、トミーズ健
放送:読売テレビ
評価:★★★☆

さすがO阪です。このオリジナルビデオシリーズ、しょっちゅうテレビで放送してるので時々見てます。
この作品、難波で金貸しをしている萬田金融の萬田銀次郎(竹内力)が、弱者を騙す卑劣な奴らに毎度毎度怒りの制裁を下しスッキリさせてくれます。しかもただの人助けをしているだけではないというところがまたいい。結構ジ〜ンとくるところもあるし。「因果応報」を説き、法律の説明などもあり色んな意味で勉強にもなります。

ちなみに岩崎ひろみは歌手のほうじゃなく、朝の連ドラに出ていたほうです。あと、桐谷健太が従業員の作品は今回初めて見ましたがいい味出してました。以前仕事で接したこともあるのですが、その時も面白い兄ちゃんという感じでした。


そして二本目は・・・

Bug燃える昆虫軍団('75米)
原題:BUG
監督:ヤノット・シュワルツ
出演:ブラッドフォード・ディルマン、ジョアンナ・マイルズ、
パトリシア・マコーマック、リチャード・ギリランド
放送:CS315 スターチャンネル
評価:★★★★

LAで大地震が発生し、地割れの中から三葉虫のような外観で灰を食料とし発火能力のある太古の虫が蘇る。しかも踏み付けても死なない。結局何人かの犠牲が出たのち、一人の科学者の研究によって殺し方が解明され全滅となり一件落着・・・となりかけたところで、ある出来事のショックからその科学者は、一匹生き残っていたその虫と、なぜかゴキブリとの交配を試みる研究を始め見事成功するが、生まれてきた子供は成長していくうちに知性を持ちはじめた・・・

とこんな感じの内容で、タイトルから想像すると、よくある生き物のパニック映画のような感じがしますが、これはちょっと違います。やたらめったら人が死ぬわけでもなく、特に後半はほぼ研究に費やされます。

それにしても虫が気持ち悪い!!

あんな虫どこから持ってきたのか。CGではないし、とても作り物には見えない。しかし気持ち悪いながらもよく演技させてる(?)なと感心させられます。特に、知性を持ち始めた虫達(外観はゴキブリが羽がないまま大きくなった感じ)が、壁に人文字ならぬ虫文字で、「WE LIVE」とやるところは気持ち悪くも笑えます。

あと音楽がいいですね。不気味で。
ジョン・カーペンター『ハロウィン』('78米)を思い出しました。

この頃の映画は邦題もいい感じですね。
直訳したら『虫』だし、そのまま『BUG』だと分かりづらい。
現代だったら、そのまま『BUG』か、『BUG -○○○○-』とこんな感じになりそう。

ところでこのての映画は小学生の頃、テレビの洋画劇場で楽しみにして見たものですが、今じゃさっぱりやりませんね。当然劇場での公開も皆無で、劇場では『スパイダー・パニック!』('02米)(これはコメディ要素がかなり入った映画でしたが・・・)以来見てません。特にメジャー配給では。今のCG技術でやったらきっと凄い映画ができるだろうに。昨年公開された『キング・コング』'(05米)での虫みたいな生物に襲われるシーンなんかかなり凄かったし。

・・・なんて思ってたらアメリカで、Lions Gate配給、監督:ウィリアム・フリードキン『エクソシスト』('73米))、主演:アシュレイ・ジャッド『ダブル・ジョパディー』('99米))で『BUG』というタイトルの映画が12月1日公開という情報を入手。しかもジャンルは”ドラマ/スリラー”となっている。
もしかしてこの『燃える昆虫軍団』のリメイクか? だとしたら超楽しみだ!

ちなみに監督知って驚きました。ヤノット・シュワルツ。6月27日に『刑事コンボ/毒のある花』('73米TV)『ジョーズ2』('78米)『スーパーガール』('84米)の監督として紹介したばかりの人です。

下はアメリカ版ポスターデザインです。
日本版の写真にもいいけど、この写真に黄緑! いいですね〜。
6300216640


いよいよラストの一本はこれ。

Mi2_posterM:iー2('00米)
原題:MISSION: IMPOSSIBLE 2(M:I-2)
監督:ジョン・ウー
出演:T・クルーズ、D・スコット、T・ニュートン、ヴィング・レイムス、
アンソニー・ホプキンス
放送:ABCテレビ
評価:★★★☆

もうすぐシリーズ3作目が公開されるこの作品。T京に住んでいた公開当時、近所にできたばかりのワーナーマイカルに、先行上映を見ようと思い上映当日の午前中チケットを買いに行ったら、既にかなり前の方しか空いていないと言われ驚いた記憶があります。「そんなに人気があったのか」と。
で、結局本興行が始まってから見に行ったわけですが、映画そのものについては「まあまあ楽しめたかな」というのと、パンフが800円もして特大サイズにもかかわらず中身はトム・クルーズの写真集状態で「内容薄っ!」と思った記憶があります。

で今回久しぶりに見て思ったのは、もうすぐ公開の『M:i:3』('06米)のほうが面白い! ということです。
『2』がほぼトムのワンマンショーで、とにかくトム! トム! トム! と、くど過ぎるのに対し、『3』はチームプレイにも見応えがあります。
『M:i:3』の興行収入は、本国アメリカで『2』の成績に遠く及びそうにないみたいですが、それは違ったところに原因があるのでしょう。

それにしても悪役のダグレイ・スコットはその後パッとしないなー。俺の記憶が確かならば、この映画のあと『Xーメン』('00米)でウルヴァリンを演じるはずが、監督ジョン・ウーのせいで撮影が長引いちゃって、ウルヴァリン役を降板したんじゃなかったっけ?
『Xーメン』シリーズも、ウルヴァリンをヒュー・ジャックマンがやったからこそここまで人気が出たのかもしれないけど、単純に考えたらもったいないことしてると思います・・・


ということで以上の3本を見たわけですが、相変わらず実にマニアック。

人気blogランキングへ


Moe1_20ところでお前の予想に反してブラジル負けたな


W杯か。いやー確かにフランスが勝つとはなー。ジダンがグループリーグ1試合休んで完全復活したな。ベスト4すべてヨーロッパ勢だな・・・


Moe1_20巨人は連敗止まって連勝じゃねーか


そうそう。だけどなんで今さらアリアス? そりゃいい選手だけどさぁ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

マテリアル・ウーマン

Moe1_18メキシコあと一歩だったな〜。


アルゼンチン危なかったな〜。メキシコも好きだけどやっぱアルゼンチンに勝ってもらわないとな。それにしてもアルゼンチンの1点目、クレスポうまかった! ほとんどオウンゴールなのに自分のゴールにしてしまうんだから。日本のFWもクレスポを見習え! と言っても無理な話しか。


さて、やっぱりアメリカのコメディは最高! ということでこの映画を。

Materialマテリアル・ウーマン('01米)
原題:SAVING SILVERMAN(EVIL WOMAN)
監督:デニス・デューガン
出演:J・ビッグス、J・ブラック、S・ザーン、A・ピート、A・デトマー
番組:CS315 スターチャンネル('04.9.30放送)
評価:★★★★

 高校時代からの親友であるダレン(ジェイソン・ビッグス)、JD(ジャック・ブラック)、ウェイン(スティーヴ・ザーン)の3人は、社会人になった今も大好きなニール・ダイアモンド(本人役で出演)のコピー・バンドとして一緒に路上で演奏するほどの強い絆で結ばれていた。そんなある日、未だに高校時代の憧れの女性サンディ(アマンダデトマー)を忘れられずにいるダレンを励まそうと、JD、ウェインの2人はバーでたまたま見つけた心理療法士ジュディス(アマンダ・ピート)に声をかける。ダレンとジュディスの恋は予想以上に順調に進んでいくが、やがて高慢なジュディスはダレンにバカな2人JD、ウェインとの付き合いをやめることと、ニール・ダイアモンドのファンをやめることを強要するようになる。それに怒ったJDとウェインは、ジュディスを誘拐し、引っ越し先から戻ってきたサンディとダレンをくっつけようとするが・・・


さて感想は、まずダレンを奪還しよとするJDとウェインの行動に爆笑。特にジャック・ブラックはいちいち笑わせてくれる。二人の助っ人に出るR・リー・アーメイの壊れっぷりも最高。ジェイソン・ビッグス(『アメリカン・パイ』シリーズ('99〜03))もいい味出している。アマンダ・デトマーも『ファイナル・デスティネーション』('00米)の時とはうって変わってカワイイ女の子を好演。とにかくこれだけ無茶苦茶な事をしながらも、最後はニール・ダイアモンドの歌と共に皆ハッピーエンドになってしまう素晴らしさ! 大満足!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

M:i:3

昨日、トム・クルーズが大阪に来てキャンペーンをやっていたので今日はコレで。

Mi33a_1M:i:3('06米 原題:M:i:3)
配給:UIP
監督:J.J.エイブラムズ
出演:T・クルーズ、P・S・ホフマン、V・レイムズ、L・フィッシュバーン
会場:UM田 ナビオTOHO1('06.5.16)
評価:★★★★

イーサン・ハントの新たなミッションは、スパイを引退し教官になった彼が、自らの教え子の危機に立ち上がることから始まる。しかし、それがイーサンの本当の仕事を知らないフィアンセの命を危機にさらし、そしてイーサン自身が、謎めいた暗号名「ラビット・フット」の正体を知るかつてない強敵に阻まれ、絶対絶命のピンチに陥っていくことに結びついていく・・・。果たして彼はタイムリミットが迫る中、IMFの仲間と共に世界を駆け巡り、不可能なミッションを遂行できるのだろうか?(以上、チラシから抜粋)

ご存じイーサン・ハント(トム・ウルーズ)とそのチームが活躍する『ミッション:インポッシブル』シリーズの6年ぶり待望の第3弾。『ミッション:インポッシブル』が1996年、『M:i-2』が2000年。1作目から2作目の4年間のほうが長かったような気がする。自分にとっての時間の流れが早くなっているのだろうと思う。
さて今回、正直言って周りではあまり期待されていなかった。ワイドショーなんかで、ケイティ・ホームズと結婚してからの奇行ばかりが話題になっていることに「トム・クルーズは終わった」なんて言っている人もいた。正直俺は「映画は関係ないだろう」と思っていたが、確かに前売券がさっぱり売れなかったので、内容どうこうより、ヒットするか?と言われれば若干不安なるのは否めなかった。

しかし実際はなかなかどうして、面白かった!。始まったら最後まであっという間だった。ジョン・ウー監督でアクションばかりだった印象のある『M:i-2』(アレはアレでいい)とは打って変わって、緻密な作戦から任務遂行までのチームプレーとしてのハラハラドキドキ感も復活している。

7月8日公開(先行上映あり)
キャンペーンで新幹線を貸し切るだけのことはある!
間違いなく面白い! 見に行くべし!!

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)