« 涙そうそう | トップページ | グエムル 漢江の怪物 »

2006年10月24日 (火)

サンキュー・スモーキング

明日発売! 星泉(長澤まさみ)の『セーラー服と機関銃』を一日早く買ってきました。
DVD付き初回限定版を買ったつもりが、同じ初回限定版でも間違えてストラップ付きを買ってしまい(3種類も出すな!)・・・若干しまった感がありますが、やっぱ名曲です。長澤まさみ版も、本家・薬師丸ひろ子とは違った切なさがあっていいです。ヘビーローテーションで聴きまくってます。
う〜ん・・・こうなったら来生たかお『夢の途中』も聴きたくなってきた。




セーラー服と機関銃 (初回限定盤)(DVD付)


Music

セーラー服と機関銃 (初回限定盤)(DVD付)


アーティスト:星泉

販売元:ビクターエンタテインメント

発売日:2006/10/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

さて今日は、昨晩書きあげたのにアップする直前に誤って削除してしまった記事を思い出しながら書いてます。
早く記事を書かないと映画そのものの記憶もどんどん薄れていく・・・


Tabaco_jpn_1サンキュー・スモーキング('06米)
原題:THANK YOU FOR SMOKING
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:アーロン・エッカート/ウィリアム・H・メイシー/ケイティ・ホームズ
/マリア・ベロ/デヴィッド・コークナー/ロブ・ロウ/ロバート・ヂュバル
会場:肥後橋 朝日生命ホール('06.10.3試写会)
評価:★★☆


タバコ業界のPRマンとして巧みな話術と情報操作でタバコを擁護し続ける主人公の活躍を描いた社会派風刺コメディ。原作はクリストファー・バックリーの『ニコチン・ウォーズ』。映画監督のアイヴァン・ライトマンを父に持つジェイソン・ライトマンの長編デビュー作。主演は「エリン・ブロコビッチ」のアーロン・エッカート。
 タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任される。一人息子のジョーイを連れ、ロサンジェルスへと渡ったニックは、さっそくハリウッドの大物エージェントと面会、タバコPRのための映画の企画を話し合う…。
(allcinemaONLINE解説より)


この映画、劇場でチラシを見て出演者に惹かれて興味を持ったのですが、予告編を見て一気に興味が冷めた作品なのですが、試写状をいただいたので見に行ってきました。しかし結局・・・


俺の横を通り過ぎてもらっていい映画でした。


内容に関しては特に感想はありません。
ただ、あまり記憶は定かではありませんが、この映画の主人公ニックはタバコにドクロマークを入れようとする上院議員サイドとの討論会みたいな席で、コレステロールはタバコより危険だからチーズにこそドクロマークを入れろみたいなことを言ってました。しかしハッキリ言って、

ただの屁理屈じゃん。

「おぉぉぉ〜」ってうなったり、拍手喝采するような発言ですか? 「情報操作の王」らしいけど、終始たいした事は言ってなかったように思います。少なくとも俺には何の印象も残っていません。

タバコに関して俺個人の意見としては、自分の家の中、喫煙スペース以外での喫煙は勘弁してほしい。世の中の流れは愛煙家にとってはどんどん肩身の狭い思いをするようになってはきていますが、まだまだ甘い。外での喫煙は全面禁止にすべきだと思いますね。家やマンションのベランダもダメ。私事ですが、朝起きたとき何故か部屋の中がタバコ臭いことがあって、なぜだろう?と疑問に思っていたら、どうやらマンションの他の部屋の住人がベランダでタバコを吸っているようで(目撃していないので予想ですが・・・)、窓を開けているとその煙が部屋に入ってきているのです。迷惑です。その人も我が家で肩身の狭い思いをしてベランダで吸っているのかも知れませんが、そんなこと知ったことじゃない。他人に迷惑かけてまで吸わないでくれよって話です。

愛煙家の中には、飲酒を引き合いに出し「酒だって酔っぱらいが迷惑じゃないか」みたいな事を言う人がいます。それに最近飲酒運転による交通事故が問題になっていて、当然そのあたりの罰則は厳しくするべきだと思います。
しかし酒とタバコの大きな違いは、酒が飲んだ後のその人の行動で周りにいる人に対する迷惑や危険が発生することに対して、タバコは吸った瞬間から迷惑と危険を生み出しているということ。
路上をただ歩くだけで、煙は迷惑、火は危険。
第一、歩きタバコする人はそこらじゅうにいても、酒飲みながら歩いている人を見つけるのは至難の技。信号待ちの間にタバコを吸っている人はいても、酒を飲んでいる人は滅多にいない。街を歩けばタバコの吸い殻はそこら中に落ちているが、ビール・酎ハイの空き缶・空き瓶はそう落ちていない等々・・・そういうことです。

まぁ大事な税収の一部でもあるし、吸うこと事態は禁止にしろとはいいません。とにかく家の中(外なら喫煙スペース)で吸ってくれ。
そんなことを考えながら見た映画でした。

そういえばケイティ・ホームズが、ベッド取材でスクープを狙う女性記者を演じていましたが・・・似合わねー。

Tabaco2_1

あと『The O.C』アダム・ブロディも出てました。やっぱり人気ドラマでは、主役を演じるより脇役を演じていたほうが出世しやすいんでしょうか?


↓北米版ポスター。趣味悪〜。
Tabaco_usa_1


↑このポスター、『ウルトラセブン』に出てくるメトロン星人を思い出しました。
そういえばこれもタバコがらみの話だったよな〜・・・

Metoron

人気blogランキングへ ←よろしくですm(__)m

|

« 涙そうそう | トップページ | グエムル 漢江の怪物 »

コメント

らーうー君の感想は面白いですね。
この映画は、もっと毒のある作品だと思い込んでいました。
なのに、大したことない展開のまま終わりましたね。
面白いキャスティングなのに勿体ないです。
それにしてもケイト・ホームズですが、
役柄の割には胸も出さず、ベッドシーンも大幅カット。
全てトム・クルーズの我儘で、仕事がやりずらいでしょうね。
というか、監督が使いにくくてやってられないでしょう。

投稿: ミラクルピンキー | 2006年10月26日 (木) 19時24分

ミラクルピンキーさん
またまたコメントありがとうございます!
たいして毒もなければ、たいして笑えもしない、非常に中途半端で・・・言ってみれば、自分にとってはどうでもいい映画でした。
ケイティ・ホームズも女優として色んな役に挑戦するのはわかるんですが、向き不向きってもんもあるし、もうこんな役はやらなくていいでしょう。

投稿: らーうー | 2006年10月29日 (日) 00時12分

It is healthy, I shall come on your site more often, thank.
diamond rolex watch official rolex dealer [url]http://rolexz.arcadepages.com/gmt-master-replica-rolex[/url] [url]http://rolexz.arcadepages.com/rolex-gmt-master[/url] [url=http://rolexz.arcadepages.com/rolex-stainless-submariner]rolex stainless submariner[/url] [url=http://rolexz.arcadepages.com/imitation-man-rolex-watch]imitation man rolex watch[/url] http://rolexz.arcadepages.com/wholesale-fake-rolex http://rolexz.arcadepages.com/japanese-replica-rolex

投稿: 10021166 | 2007年8月 9日 (木) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/3936441

この記事へのトラックバック一覧です: サンキュー・スモーキング:

» 薬師丸ひろ子は猫アレルギー [沢尻エリカ☆亀梨和也☆長澤まさみ 芸能ニュース]
2002年にTVドラマからスタートした『木更津キャッツアイ』。その完結編とも言うべき『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』が、第19回東京国際映画祭の特別招待作品のひとつに選ばれ、金子文紀監督、磯山晶プロデューサーをはじめ、酒井若菜、ユンソナ、栗山千明、森下愛子、薬師丸ひろ子らヒロインが大集合し、10月25日(水)に舞台挨拶を行った。この日のヒロインたちの衣裳はタイトルの“キャッツ”�... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 20時51分

» ケイティ・ホームズ、意外なあの人と仲良しに? [芸能☆極秘☆ニュース]
ケイティ・ホームズが最近仲良くしているセレブリティの中に、意外な名前が挙がっている。その人とは、夫、トム・クルーズの発言が元で騒動となった、ブルック・シールズ。シールズは、抗うつ剤の使用についてクルーズに批判的な発言を受け緊張が走ったが、クルーズが謝罪したことで収まった。ホームズは、娘スーリちゃんを、シールズの2番目の娘と同じ日に、同じロサンゼルスの病院で出産したことから、友�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 19時09分

« 涙そうそう | トップページ | グエムル 漢江の怪物 »