« グエムル 漢江の怪物 | トップページ

2006年10月28日 (土)

守護神

今日は劇場で2本の映画を見てきました。
しかし今日紹介するのは10/6に見たこの作品です。


Syugoshin_jpn守護神('06米)
原題:THE GUARDIAN
監督:アンドリュー・デイビス
出演:ケヴィン・コスナー/アシュトン・カッチャー/ニール・マクドノー
/メリッサ・サージミラー/クランシー・ブラウン/セーラ・ウォード
会場:ナビオTOHOプレックス シアター2('06.10.6 完成披露試写会)
評価:★★★


ベン・ランドール・・・荒れ狂う海に生き、人生の全てを人名救助に捧げた一人の男がいた。自らの魂をすり減らしながらも、数々の奇跡を起こした彼を、人は《守護神》と呼んだ。

沿岸警備隊員・海難レスキュー員をめざすジェイク(アシュトン・カッチャー)の前に教官として現れた伝説のレスキュー・スイマー、ベン・ランドール(ケヴィン・コスナー)。彼はこれまで数百人の命を救ってきたが、任務中に目の前で仲間を失い、心と身体に深い傷を負っていた。しかし、ランドールは絶望と闘いながらも、数々の奇跡を起こしてきた彼にしかできない方法で、若者たちに《人命救助》とは何かを教え込む。その姿はジェイクに《天職》という十字架を背負う者の孤独、そして栄光を伝えて行った・・・
父子のような絆で二人が結ばれた時、悪夢と化した氷海から、運命のSOSが届く!
(チラシ裏面より編集)


全米ではちょっと前に公開され、おしくも初登場2位でしたが、ケヴィン・コスナー主演作では久々のスマッシュヒットを記録している本作品、日本では来年2007年2月公開予定となっています。
さて、感想ですが・・・


ズバリ言って、普通。


簡単に言うと、前半が『愛と青春の旅だち』('82米)、間に『ザ・ダイバー』('00米)が入って最後は、かなり個人的な見方で言えば『パーフェクト・ストーム』('00米)・・・といったところでしょうか。

上映時間が長かった割に物語にたいした展開がなかったような気がします。例えば教官として赴任したベン・ランドール(K・コスナー)と、教育方針でぶつかる鬼コーチのスキナー(ニール・マクドノー)。ぶつかりながらも、徐々にその教育方針を認めていく・・・そんな展開があるかと思わせておいて、結局ちょこっと方針についてやりあっただけで後は何もない。要するに、現場、トラウマ、学校、家族、師弟、恋愛等々、とにかく色々詰め込んでるのに中身は薄っぺらい印象。逆に言えば詰め込み過ぎですね。

あと思ったのは、つい最近日本でも海の遭難事件が相次ぎましたが、この映画の中でも「どうしてそんな海が時化の日に漁に出る?」と何度か思ってしまいました。あそこまで無茶苦茶に海が荒れるのを、プロの漁師が海に出る前に予想できないのか? と。

それと、その物凄い荒れた海でのレスキューシーンに臨場感がない。暗い海なのですが本物の海ではないのが一目瞭然でした。ほんとに荒れた海にヘリコプター飛ばして撮影なんか出来るわけないので当然と言えば当然なんでしょうけど。

それにしてもアシュトン・カッチャーは髪を短くしたらスターの顔をしてない。本国ではとっくにスターですが、この作品が元で「日本でもスターに仲間入り!」なんてことになることはないでしょう。それに引き換えケビン・コスナーは歳をとってもまだまだスターの雰囲気ありました。男前です。

Syugoshinn

あと『守護神』っていうタイトル。これどうにかならなかったのか。『ザ・ガーディアン』になるよりは良かったかもしれませんが、明らかに『海猿』意識しすぎです。


・・・とここまで、先に「普通」と言っておきながらいいことは書いていませんが、ま、映画として普通に見れると思います。


北米版ポスター
Syugoshin_usaSyugoshin_usa2_1


人気blogランキングへ ←清き1クリックをお願いしますm(__)m


ちなみに今日見てきた2本は・・・

バタリアン5(天六ホクテン座2)
太陽の傷(天六ホクテン座1)

とまぁいずれも、T京でいう銀座シネパトスにあたる、天六ホクテン座での鑑賞です。
客入りは公開初日の『バタリアン5』が半分以上くらい、『太陽の傷』はほぼ満席。ここでこんなに多くのお客さんを見るのは初めてかもしれません。

|

« グエムル 漢江の怪物 | トップページ

コメント

[URL=http://softwaregestionaleiv.wizytowka.pl]software gestionale[/URL]
[URL=http://downloadgiochiiv.wizytowka.pl]download giochi[/URL]
video esecuzione saddam
tutto testo
[URL=http://videoesecuzionesaddamiv.wizytowka.pl]video esecuzione saddam[/URL]
[URL=http://orecchinoiv.wizytowka.pl]orecchino[/URL]
albergo verona
[URL=http://fotopornosessoconanimaliiv.wizytowka.pl]foto porno sesso con animali[/URL]
incontro sex
[URL=http://nataleeccosfondoiv.wizytowka.pl]natale ecco sfondo[/URL]
natale mondo
trucchi giochi pc
[URL=http://rossoaliceiv.wizytowka.pl]rosso alice[/URL]
test intelligenza
vendita palmare
affinita di coppia
[URL=http://volieconomiciiv.wizytowka.pl]voli economici[/URL]
[URL=http://smsprontonataleiv.wizytowka.pl]sms pronto natale[/URL]
anguilla nazione
[URL=http://agriturismoumbriaiv.wizytowka.pl]agriturismo umbria[/URL]

投稿: Hero | 2007年9月14日 (金) 22時51分

order generic viagra online order generic cialis online [url=http://www.chaco.gov.ar/meccyt/subsecyt/_act1/0000030a.htm]order cheap viagra[/url] [url=http://www.chaco.gov.ar/meccyt/subsecyt/_act1/0000030b.htm]order cheap cialis[/url]

投稿: xyuegd | 2007年10月17日 (水) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/3969450

この記事へのトラックバック一覧です: 守護神:

» 「守護神の試写会」と「アシュトン・カッチャー」と「歳の差結婚」 [げまてれ]
50%は毒電波で、47%は黒インクで出来ている佐智です。(lll゚Д゚)ヒィィィ [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 14時33分

» 愛と青春の旅だち [1-kakaku.com]
暗い過去を振り捨てるようにアメリカ海軍士官学校に入学した青年が、町工場に務める女性との愛を育みながら、厳しい訓練や親友の自殺といった数々の試練をくぐり抜けて、人間として成長していく姿を描いた青春映画である。 テイラー・ハックフォード監督の出世作となるとともに、リチャード・ギアの代表作として、今も広く愛され続けている佳作である。82年度のアカデミー賞ではルイス・ゴセットJr.が助演男優賞を、そして主題歌賞を受賞した。それまで生徒たちにとことん厳しく接していた鬼教官役のゴセットが、卒... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 14時07分

» バタリアン5 [DVD Check]
バタリアン5 [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 16時23分

» インサイド・マン [映画@DVDの旅]
映画を見た感想を書いています。今後もどしどし記事を増やしていこうと思っています。 [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 07時19分

« グエムル 漢江の怪物 | トップページ