« ハイスクール・ミュージカル | トップページ | クライシス・オブ・アメリカ »

2006年9月 9日 (土)

ユナイテッド93

『ハイスクール・ミュージカル』からご無沙汰になってました。
予定通り翌日サントラを購入。ヘビーローテーションで聴いております。
ズバリ言って最高です。アメリカ万歳!!


しかし昨日、「アメリカ万歳」なんて言ってられない映画を見て来ました。


93ユナイテッド93('06米)
原題:UNITED 93
監督:ポール・グリーングラス
出演:ハリド・アブダラ/オパル・アラディン/ルイス・アルサマリ
/ポリー・アダムス/デヴィッド・アラン・ブッシェ/リチャード・ベキンス
劇場:U田 OS劇場 鑑賞代金1800円
評価:★★★★


2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。本作はこのユナイテッド航空93便に焦点を当て、家族との電話で自らの運命を悟った乗客たちが乗る機内での様子や、テロの事実に混乱しながらも被害を最小限に食い止めようと必死で事態の掌握に務める地上の航空関係者たちの緊迫のやり取りを極限の臨場感で描き出す衝撃のノンフィクション・サスペンス。監督は「ブラディ・サンデー」「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス。監督をはじめ製作スタッフは、遺された家族の人々や管制センターはじめ関係機関への入念な取材を行い、今となっては決して誰も知ることのできない機内の様子を含め、当時の状況を可能な限りリアルに再現、ありのままを徹底したドキュメリー・タッチの手法で撮り上げた。なお、本作に登場する管制官や軍関係者の一部は、9月11日に実際に現場で勤務していた本人が自ら演じているという。
(allcinemaONLINE解説より)


あれから5年。旅客機がビルに突っ込むというあの衝撃的な映像が、ついにスクリーンで見れるようになりましたか。それにしてもこの映画・・・


緊張の連続。最後は頭が痛くなってしまいました。


それは、ラスト、急降下で墜落していく機内に実際に乗っている感覚になったからなのか、目の前で見せられた圧倒的な現実に対してなのか・・・わかりませんが、決して館内の効き過ぎた冷房のせいではなかったと思います。

解説ではノンフィクション・サスペンスとありますが、実際にはパイロット、乗客、犯人全て死亡したわけですから少なくとも飛行機の中での出来事は空想、願望が相当入っていると思います。しかし、一瞬ドキュメンタリーかと思ってしまうほどの圧倒的な緊張感がありました。劇中派手な音楽等一切なく、ただ各地の航空管制センターの様子とユナイテッド93便の様子が次々と切り替わっていく映像にどんどん引き込まれていき1時間51分があっと言う間でした。
映画終わってエンドロール見てたら、やたらと「himself」「herself」っていう文字が目に入ったのでパンフレット買って読んでみたら、なんと管制センターのスタッフ等数名が本人の役を演じた(再現した?)そうで・・・ノンスターなのは分かっていましたが、まさか当事者が出演していたとは。演技が上手いのもさることながら、色んな意味で驚きです。

明後日は事件から丸5年。テレビでも民放やBS、CS各チャンネルでドキュメンタリーや関連番組が放送されるようです。スカパーのヒストリー・チャンネルで9月11日に放送されるテレビ映画『ルーディー:ジュリアーニNY市長真実の物語』は見たいと思います。そういえば、去年これまたスカパーのNATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELでの放送を録画したドキュメンタリー番組『INSIDE 9/11』もまだ見てなかった。4回に別けて放送され、計4時間ありますが見るなら今がまさにタイムリーですね。
劇場映画で9.11関連と言えば、次は監督オリバー・ストーン、主演ニコラス・ケイジ『ワールド・トレードセンター』('06米 10月7日公開)ですね。これも見たいと思います。

さて、2001年9月11日、まさにあの事件が起きた時、私は何をしていたか。結構ハッキリと記憶しています。
当時はまだT京に住んでおり、家から自転車で5分強の近所に出来た、ルーニーテューンズがイメージキャラクターの某シネコンに勤め、その日は遅番勤務をしていました。いつも通り22時過ぎに1時間の休憩に入り、他のアルバイトスタッフ2〜3人と『ニュースステーション』を見ていると、

「”小型の飛行機”が貿易センタービルに衝突した」

といったニュースが入ってきて、CNNかなんかの例の映像を流し、飛行機事故が起こったといった感じの報道をしていました。映像を見てアルバイトのスタッフと「すげーなー」なんていいながら見てたらもう一機が突っ込んできて、これまた「うわーすげー!」・・・だけどまだテロといった言葉はなく、もちろんこっちもそんな発想など全くなく、「小型機にしちゃぁ、ビルとの対比が合わなくねー? あれ絶対デカイやつだよ」なんて言いながら休憩が終わって業務に戻り、深夜1時頃、普通に勤務を終え、ロッカーで着替えていると、一緒にニュースを見たスタッフが携帯電話に届いていたニュースを見て、

「今度はペンタゴンに飛行機が突っ込んだらしいっすよ!」

と驚いて、半分笑いながら言ってきました。
それから速攻で着替えを終わらせ休憩室にテレビを見に行き、しばらくニュース映像を見続けました。結局深夜2時過ぎくらいだったでしょうか、帰りの方向が同じのアルバイトスタッフと下り坂の道を自転車を押しながら帰っていると・・・どこかのオバサンが、後方から自転車で通り過ぎざまに低く、そして太い声で

戦争が始まるぞーーー
”ソ連”がペンタゴンにミサイル落としたぞーーー

と言いながら前へ走り去って行ったのです。アレにはかなりビビリました。
ただの変なオバサンだったのでしょうが、深夜にいきなり後ろからああやって言われるとビビリますよ。ともかくあの日は現実と含めて何か無気味な感覚を持ったものです。


↓別デザインポスター
93_usa


さてさて、9月11日。実は私がO阪での生活をスタートした日でもあります。
あれはテロの日の翌年2002年でしたから、明後日で丸4年になるわけです。思えばO阪に来てからというもの、色んなものを失い続けてきました。その代償は大きかったけれど、それで学んだ事も事実。5年目こそは何かを得る1年にしたい。そう思います。


ところで、ブログ更新は滞っていましたが、以下の通り映画は結構見てました。

8/26 『ミナミの帝王40 裏金略奪』('01)
8/27 『クライシス・オブ・アメリカ』('04米)
8/29、30 『ふわっとアルバート』('04米)
9/2 『アイドルとデートする方法』('04米)
9/3 『ミナミの帝王22 男たちの過去』('02)
9/6 『ミナミの帝王23 詐欺の手口』('02)
9/8 『ミナミの帝王25 誘惑の華』('03)
9/9 『ミナミの帝王50 金貸しの掟』('04)

以上、全てテレビ、もしくはDVDでの鑑賞です。『ミナミの帝王』率が5割超えてますが・・・順次紹介していきたいと思います。
それにしても劇場は入場料が高い。

人気blogランキングへ ←ポチっとなm(__)m

|

« ハイスクール・ミュージカル | トップページ | クライシス・オブ・アメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/3384008

この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド93:

» 9・11に捧げる「ユナイテッド93」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
土曜日の試写会に2回も行く機会があったのに 寝過ごして見逃していた 「ユナイテッド93」を公開初日に見てきました。 2001年9月11日 テロの被害にあった 「ユナイテッド93」の話です。 管制塔は完全実話 機内は、機内からの電話の内容を元に 憶測的な事も含め描かれています。 ドラマ性をほとんどなくし 「これが事実」だといってもいいぐらいかもしれませんが 本当の機内って・・・ この手の作品はコ�... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 16時27分

» 9.11 米同時テロ [小島コーヒーブログ]
こんにちわ。小島コーヒーです。 いきなり衝撃画像で申し訳ない。 画像は『 9.... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 17時31分

« ハイスクール・ミュージカル | トップページ | クライシス・オブ・アメリカ »