« ビッグ・ライアー | トップページ | ピカデリー梅田 緊急来日特番 »

2006年7月19日 (水)

ロイヤル・セブンティーン

雨が続きます。しかもどしゃぶり。
本日から、僅かながら社会の役にたてるようになったため、映画鑑賞が難かしくなりそうです。
なので、昨日に引き続き本日も最近の紹介作からの関連作品を紹介します。


What_a_girl_wants_japanロイヤル・セブンティーン('03米)
原題:WHAT A GIRL WANTS
監督:デニー・ゴードン
出演:アマンダ・バインズ/コリン・ファース/ケリー・プレストン
/ジョナサン・プライス/アイリーン・アトキンス/アンナ・チャンセラー
劇場:ワーナー・マイカル茨木('03.11.21鑑賞)
評価:★★★★☆


まだ見ぬ父親へ会いに行ったティーンエイジャーの女の子が騒動を巻き起こすロマンティック・コメディ。自由奔放に育てられたアメリカ人の少女が、イギリスの上流社会に生きる父親に初めて会い、堅苦しい風習に戸惑いながらも親子の交流を深めていく。監督は主にTV界で活躍する女流監督デニー・ゴードン。
 ニューヨーク。現在17歳のダフネは、自由で愛を尊重する母リビーと2人暮らし。彼女は今まで明るく幸せな生活を送ってきたが、ただ1つ満たされない気持ちをずっと抱えている。それは、まだダフネが生まれる前に母と別れてしまった実の父親に会いたい、という切実な想いだった。彼の家族が上流階級に属しているせいで離ればなれになった父は今、ロンドンにいる。ある時、ダフネはとうとう意を決し、父のもとへ旅立った。そして、今では爵位を持ち、政治家として活躍する父ヘンリーと念願の対面を果たすダフネだったが…。
(allcinemaONLINE解説)より


アマンダ・バインズ主演! 全米スマッシュヒットコメディ!
しかし日本ではビデオスルーに・・・ならず、小規模ながら公開されたんです!
当時、O阪都心部での上映がなく、郊外のシネコンまで見に行きました。
そして満足して帰った覚えがあります。

しかし、なぜアメリカのティーンアイドル主演作が公開されたのか・・・


<劇場公開時のコピー>
”おしゃれで、ロックで、ラブリーな女子高生プリンセス誕生”

<DVD発売時のコピー>
”21世紀の『プリティ・ウーマン』ここに誕生!”


ということで、『プリティ・ウーマン』('90米)や、『プリティ・プリンセス』('01米)にあやかれるであろうとの判断があったのだろうと思われます。

それにしても全くオリジナリティも工夫もない宣伝。

実際はそんな映画じゃないんだよな〜。せっかくの劇場公開なのに(個人的にはそれだけで有難いんだけど)・・・と言っても結局は先にあげた映画があったからの劇場公開(あくまで予想ですが)。でもだからってお客もそんなバカじゃない。ある程度話題にはなっていたので「もしかして?」なんて思ったけれど結局ヒットはしませんでした。かなり限られた公開だったし、ただビデオレンタル時の箔付け目的公開だったにしても、もっと工夫して違う売り方の宣伝にチャレンジしても・・・やっぱ難かしいんだろなー。ワーナーも忙しいだろうし。

ちなみにこの作品は決して少女がプリンセスになる映画ではありません。まだ見ぬ本当の父親を探しに行く・・・そこから、青春、恋愛、夫婦愛、親子愛、等色んな要素がうまく絡み合い、イギリスの王室や文化とアメリカ文化との違いで笑いも見せる、ティーン映画と侮らないで欲しい作品です。
そして毎度のことですが、最後は皆幸せ。いい気分になれる映画です。

最後に、この映画のアメリカ公開時、例のアメリカによるイラク攻撃があり、そのポスターデザインが「反戦を意味する」として、デザインを微妙に変更して差し替えられたのが話題になりました。こういうところはアメリカの嫌な部分です。

<変更前> ピース!はダメ
Whatagirlwants


<変更後> これでOK!
What_a_girl_wants_2

人気blogランキングへ

|

« ビッグ・ライアー | トップページ | ピカデリー梅田 緊急来日特番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2727545

この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤル・セブンティーン:

« ビッグ・ライアー | トップページ | ピカデリー梅田 緊急来日特番 »