« アルゼンチンPKで敗退・・・ | トップページ | 怒濤の映画三連発!! »

2006年7月 1日 (土)

ダ・ヴィンチ・コード

今日は何も見ていない。なので今さらながらこの映画を紹介します。

Davincicode2aダ・ヴィンチ・コード('06米)
原題:THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
出演:T・ハンクス、A・トトゥ、I・マッケラン、P・ベタニー、J・レノ
劇場:UM田 ナビオTOHOシアター3('06.5.18鑑賞)
評価:★★★☆

今年上半期1番の話題作。原作本は全世界5000万部を超えるベストセラーとなっているそうだ。当然日本でもベストセラー。映画も公開後『デス・ノート(前編)』に抜かれるまで興行成績トップを突っ走り、抜かれた現在も2位を維持している。俺もミーハーなので、公開前のマスコミ向け試写会に朝8:30からのスタートにもかかわらず見に行った。

さて見た感想は・・・正直言って、普通にちょっと毛が生えた程度で、まあまあ楽しめる映画だった。
中には「原作を読んでいない人にはわからない」なんて言う人もいたがそんなことは全然ない。俺は読んでなかったけど普通の映画として楽しめた。
俺の田舎ではクラスの半数近くがキリスト教だったこともあり、キリスト教には以前から多少興味があったので、原作が話題になった頃からテレビやっていた”その謎に迫る”みたいな関連番組をいくつかを見ていたこともあったと思う。まぁ多少なりともキリスト教に興味がある人なら原作読まずともある程度は理解できる映画だろう。
ただ、日本の場合は「原作も読んでなければキリスト教にも興味がない、だけど超話題作だから見る」とこんな人がもの凄く多いので、そんな人たちには分かりにくい映画だったかもしれない。

いくつか見た関連番組で原作者のダン・ブラウンが、ロバート・ラングトン教授(トム・ハンクス)の風貌はハリソン・フォードと話していたのを見ていたせいか、やはりH・フォードに演じて欲しかったし、そのほうが良かったと思う。あとソフィー・ヌヴーを演じたオドレイ・トトゥがイマイチ。華もなければ演技もヘタだった。

その他、内容にも色々突っ込みどころはあったが、前日の晩に飲み会があった翌日の早朝に行われた試写会だったにもかかわらず眠くなることはなかった映画ではある。

下はアメリカ版ポスターデザイン。ダッサァ〜

Davincicode_poster

人気blogランキングへ

|

« アルゼンチンPKで敗退・・・ | トップページ | 怒濤の映画三連発!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2461972

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

« アルゼンチンPKで敗退・・・ | トップページ | 怒濤の映画三連発!! »