« オーメン | トップページ | アルゼンチンPKで敗退・・・ »

2006年6月30日 (金)

戦国自衛隊1549

夜はテレビ放送でこの作品を見た。

Sengoku1549戦国自衛隊1549('05製作委員会)
監督:手塚昌明
脚本:福井晴敏
出演:江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、綾瀬はるか、生瀬勝久
番組:読売テレビ 金曜ロードショー
評価:★★★

これまたリメイクで、リメイク元は『戦国自衛隊』('79角川 主演:千葉真一)
正直言って旧作の詳しい内容は覚えていないが自衛隊が戦国時代に行って無茶苦茶戦うのが迫力あたというのと、薬師丸ひろ子が全くしゃべらなかったという記憶はある。

で今回の作品、「もうテレビ放送!?」と思ったら公開からもう1年か・・・月日がたつのは早い。
劇場へ見に行きたかったが、予告編その他映像やらストーリーを見てて「なんかヤバそう・・・」と思ったのと、公開後もやはりいい評判も聞かなかったため結局見に行かなかった。
でも実際は、そこそこ見れた。旧作の団体戦の迫力みたいなのはなかったが、まぁ、今時のCGということで映像もまずまずだったし、歴史や戦国武将のことを中途半端にしか知らない自分にとって、設定も「へ〜なるほど」と楽しめた。ただ、時々棒読みする役者が出てくる(重要人物だったりするからたちが悪い)のと、江口洋介が元自衛隊員に見えないのが難点。鹿賀丈史伊部雅刀はさすがにいい演技してる。

まぁ、終わってからのスタッフクレジット見るまで監督が手塚昌明だとすっかり忘れていたが(当時監督知ってヤバいと思ったかも)、金子修介が監督した『ゴジラ』とは比べ物にならない、あのしょーもない『ゴジラ』を3本も撮った監督にしては上出来ではないだろうか。

人気blogランキングへ

|

« オーメン | トップページ | アルゼンチンPKで敗退・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2451102

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国自衛隊1549:

« オーメン | トップページ | アルゼンチンPKで敗退・・・ »