« 頑張れニッポン! | トップページ | カーズ »

2006年6月13日 (火)

僕の、世界の中心は、君だ。

今日は韓国映画『僕の、世界の中心は、君だ。』(8月26日公開)の完成披露試写会へ行ってきた。

Bokunosekai僕の、世界の中心は、君だ。('05韓国)
配給:ワーナー
監督:チョン・ユンス
出演:チャ・テヒョン、ソン・ヘギョ、イ・スンジェ、パク・ヒョジュン
会場:H後橋 リサイタルホール
評価:★★★☆

2004年”セカチューブーム”にもなった『世界の中心で、愛をさけぶ』('04)のリメイク。
とは言うものの、俺の場合映画も見ていなければ、原作も読んでいないしテレビドラマも見ていない。

韓国映画は正直言ってほとんど興味がない。『シュリ』('99)『八月のクリスマス』('98)はまあまあ良かったが、近年の韓流ブーム以降は映画もテレビもほとんど興味ないし見ていない。今回も『世界の中心で、愛をさけぶ』のリメイクということ以外何も知らず、主演も二人も誰なのか知らない。見ても分からない。しかしそんな状態で見たのがかえって良かったのか、結構満足できた。
最終的に死別するという部分は置いといて、惹かれあった二人のシーンを見ていると自分自身の学生時代を思い出したりして「青春っていいなぁ」なんて、恥かしながら思ってしまった。”韓流”にはダサイ、クサイのイメージがあるがこの映画を見る限りはそうでもなかったように思う。序盤の笑わせるシーンもそのまま笑ってしまった。

ところで主人公スウンを演じたソン・ヘギョという女優さん、さすがに"さんベッピン"だったが、韓国の女優さんといえば=(イコール)整形というイメージがあるので、どうしてもどこを整形しているのだろう? なんて思ってしまうのは悪いクセだ。しかし実際今まで世間で話題になった映画(特に恋愛もの)のポスターなんかを見る限り、韓国の女優さんは皆似たような顔をしていると思うのは気のせいだろうか。


さてW杯。今日は第一試合でその韓国がトーゴと対戦。アン・ジョンファンのオバサンパーマも健在の韓国が見事2ー1で勝利した。しかも日本とは真逆の逆転勝利。今大会アジア勢で初勝利だ。悔しいが、実際に見ていて韓国は先に点を取られても逆転しそうな雰囲気があった。


Moe1_13
おいおい! フランス代表、今じゃほとんどがアフリカ系じゃねーか。

確かになー。コートジボワールにせよガーナにせよトーゴにせよ、アフリカ人の身体能力は凄い。仕方がないのだろう。

人気blogランキングへ

|

« 頑張れニッポン! | トップページ | カーズ »

コメント

テストテスト・・・どうなるんだろ。

投稿: 蟹ゑ | 2006年6月15日 (木) 12時22分

失礼しました。ブログへの初カキコだったもので。。消せるなら消して下さい。蟹ゑ=相模原に住んでいる元Rな人間です。こうやって↑の「僕のセカチュー」に関係ない書き込みをここにしていいの?それとも雑談掲示板的なところがどこかにあるの?僕は今この世界で彷徨い中だ。

投稿: 蟹ゑ | 2006年6月15日 (木) 12時27分

蟹ゑさん
コメント有り難うございます。残念ながら掲示板的なとこはないですね〜。関係ないコメントでも問題ないですけど、できれば次は関係あるコメントもお願いします〜。

投稿: らーうー | 2006年6月15日 (木) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2200529

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の、世界の中心は、君だ。:

« 頑張れニッポン! | トップページ | カーズ »