« ポテチ、えびせん、ペプシ、そしてまた『コロンボ』 | トップページ | 頑張れニッポン! »

2006年6月12日 (月)

赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

はぁ、やっと読み終わった。

3026a315『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』。小学館に入社後、『少年サンデー』赤塚不二夫『おそ松くん』担当になってから、定年退職するまで長年赤塚不二夫と関わってきた名物編集者、武居俊樹が書いた本だ。俺は特に赤塚不二夫のファンでもなくコミックも持ってない。テレビアニメの『おそ松くん』や『天才バカボン』『元祖天才バカボン』は好きで見ていたがマンガはほとんど読んだことがないし、読んでもあまり面白いとは思わなかった。
ただ、何かでタモリと親交がある事を知り興味を持ったのをはじめ、『笑っていいとも』のテレホンショッキングで何年かごとに出演しているのを見る度「元気にしてるんだな」となぜかほっとする感じだった。しかし、平成14年に倒れて以来そのまま意識不明ということは、この本の紹介を読むまですっかり忘れていた。

この本、初めは面白かった。人気漫画家と編集者の関わりあいが興味深く、さらにまわりには藤子不二雄、石森章太郎、ちばてつや等が出てくるし。ただ、だんだん何か違和感を感じはじめ途中から「早く終わってくれ・・・」とさえ思うようになってしまった。おそらく作者の武居という人のせいだ。赤塚不二夫の生い立ち(しかも自伝のように語られる)やらエピソード書いていたり、自分の話になったり、他の漫画家の話になったりするものだからの話があちこち飛んで、途中「これいつの話?」となる。多少修正は入っているにせよ、そこは作家ではない素人の書いた本。仕方がないのだろう。また、作者は65歳。文の締めにギャグを使ったりしているが古いのもあってか全く面白くない。しかしそれだけではない。この武居という人の人間性が気に入らなかったのも大きい。とにかく途中から武居という人間に嫌悪感が出てきた。

ただ、途中から苦痛で読み続けたこの本、ラスト4ページは少しじ〜んときた。ちょっと救われた。

それともう一つ、写真では分かりにくいが本のデザインはカッコイイ。

|

« ポテチ、えびせん、ペプシ、そしてまた『コロンボ』 | トップページ | 頑張れニッポン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2187287

この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚不二夫のことを書いたのだ!!:

» パチスロおそ松くん攻略法 [パチスロおそ松くん攻略法]
人気漫画「おそ松くん」がパチスロに登場! [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 19時24分

« ポテチ、えびせん、ペプシ、そしてまた『コロンボ』 | トップページ | 頑張れニッポン! »