« 悔しいけれど当然の結果 | トップページ | 今日、あえて『着信アリ2』 »

2006年6月23日 (金)

『コロンボ』とPEPSI RED!

合間にDVDで恒例のこれ見た。

B00079udns刑事コロンボ /二つの顔('73米TV)
原題:DOUBLE SHOCK
製作:ユニバーサル
監督:ロバート・バトラー
出演:ピーター・フォーク、マーティン・ランドー、ポール・スチュワート
評価:★★★☆

お馴染みの『コロンボ』だが、これはもう何見ても安心できる。
今回は殺人が起こった後に、”犯人には双子の兄弟がいた”ということが発覚し、コロンボが困惑するのと同時に、見ている側もどっちが犯人なのか? と、初めに殺人のシーンを見ておきながら更に犯人当てもできるというひねりのきいたエピソードとなっており、いつもと違う楽しみ方ができる。
また、劇中コロンボが犯人(?)の料理番組に飛び入り出演するという、面白いシーンがあるのだが、結構長いシーンなのにすべてアドリブなのだそうだ。

なお犯人役のマーティン・ランドー『エド・ウッド』('94米)でアカデミー助演男優賞を受賞した他、最近では『マジェスティック』('01米)『ハリウッド的殺人事件』('03米)にも出演している。
あと監督のロバート・バトラー『乱気流/タービュランス』('97米)の監督でもあるそうな。へぇ〜。


ここで、ここ2〜3日に映画やW杯を見ながら飲み食いしたお菓子を紹介。

Chippus_big_2NatsuumeNatsushioFantaorePepsi_red


上写真、左から

カルビー ポテトチップス BIG BAG うすしお味
カルビー 夏ポテト 紀州の南高梅
カルビー 夏ポテト こだわりの浜御塩(対馬産)
ファンタオレンジ
PEPSI RED ペプシレッド

夏ポテトシリーズは発売されると必ず買う。今年も旨いが量が少ないのが難点。85gなんてあっと言う間だ。
ファンタオレンジはどうしてこんな形になったのだろう? 元のままでいいのに。あとペプシレッドは失敗だ。「スパイシーな刺激!」とコピーがあるが、そんなことはなかった。なんだろう? この味は。分からない。今後よほど叩き売りでもしない限り買うことはないだろう。

|

« 悔しいけれど当然の結果 | トップページ | 今日、あえて『着信アリ2』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2352898

この記事へのトラックバック一覧です: 『コロンボ』とPEPSI RED!:

« 悔しいけれど当然の結果 | トップページ | 今日、あえて『着信アリ2』 »