« 2006 MTV Movie Awards | トップページ | 『刑事コロンボ/別れのワイン』+1本 »

2006年6月25日 (日)

マテリアル・ウーマン

Moe1_18メキシコあと一歩だったな〜。


アルゼンチン危なかったな〜。メキシコも好きだけどやっぱアルゼンチンに勝ってもらわないとな。それにしてもアルゼンチンの1点目、クレスポうまかった! ほとんどオウンゴールなのに自分のゴールにしてしまうんだから。日本のFWもクレスポを見習え! と言っても無理な話しか。


さて、やっぱりアメリカのコメディは最高! ということでこの映画を。

Materialマテリアル・ウーマン('01米)
原題:SAVING SILVERMAN(EVIL WOMAN)
監督:デニス・デューガン
出演:J・ビッグス、J・ブラック、S・ザーン、A・ピート、A・デトマー
番組:CS315 スターチャンネル('04.9.30放送)
評価:★★★★

 高校時代からの親友であるダレン(ジェイソン・ビッグス)、JD(ジャック・ブラック)、ウェイン(スティーヴ・ザーン)の3人は、社会人になった今も大好きなニール・ダイアモンド(本人役で出演)のコピー・バンドとして一緒に路上で演奏するほどの強い絆で結ばれていた。そんなある日、未だに高校時代の憧れの女性サンディ(アマンダデトマー)を忘れられずにいるダレンを励まそうと、JD、ウェインの2人はバーでたまたま見つけた心理療法士ジュディス(アマンダ・ピート)に声をかける。ダレンとジュディスの恋は予想以上に順調に進んでいくが、やがて高慢なジュディスはダレンにバカな2人JD、ウェインとの付き合いをやめることと、ニール・ダイアモンドのファンをやめることを強要するようになる。それに怒ったJDとウェインは、ジュディスを誘拐し、引っ越し先から戻ってきたサンディとダレンをくっつけようとするが・・・


さて感想は、まずダレンを奪還しよとするJDとウェインの行動に爆笑。特にジャック・ブラックはいちいち笑わせてくれる。二人の助っ人に出るR・リー・アーメイの壊れっぷりも最高。ジェイソン・ビッグス(『アメリカン・パイ』シリーズ('99〜03))もいい味出している。アマンダ・デトマーも『ファイナル・デスティネーション』('00米)の時とはうって変わってカワイイ女の子を好演。とにかくこれだけ無茶苦茶な事をしながらも、最後はニール・ダイアモンドの歌と共に皆ハッピーエンドになってしまう素晴らしさ! 大満足!!

|

« 2006 MTV Movie Awards | トップページ | 『刑事コロンボ/別れのワイン』+1本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107371/2381863

この記事へのトラックバック一覧です: マテリアル・ウーマン:

« 2006 MTV Movie Awards | トップページ | 『刑事コロンボ/別れのワイン』+1本 »